記事一覧

【ショパール】パリ・オートクチュール・ウィークにてハイジュエリー&比類ないジェムストーンをお披露目

傑出したクリエイティビティで知られるショパール・オート・ジョワイアリーは、持ち前のノウハウと真の才能を融合し、比類のないストーンを生み出します。ヴァンドーム広場に拠点を置くハイジュエラーたちは、パリ・オートクチュール・ウィークを機に完璧を追求した新作ジュエリーを発表します。

他に類を見ない清らかなプレシャスストーンのコンビネーションが、メゾンの創意を司り、鋭い審美眼を持つキャロライン・ショイフレの視線を引き付けました。クロムハーツ(Chrome Hearts)ショパール(Chopard)がこれほどのクオリティを誇る数多くのジェムを披露するのは初めてのことです。


ショパール・オート・ジョワイアリーの成熟期



ノウハウと無限の創意に支えられたショパール・オート・ジョワイアリーは、比類のないストーンの領域を席巻しています。ショパールの共同社⾧兼アーティスティック・ディレクターを務めるキャロライン・ショイフレの指揮のもと、20年以上前に誕生したそのアトリエが華麗な軌跡を辿ってきた一方で、ひとつ屋根の下に30を超える専門技術を集めたショパールは絶えずノウハウの裾野を広げてきました。

レッド カーペット コレクションやアニマル ワールド コレクション、またガーデン・オブ・カラハリ(究極のクラリティを誇る342カラットのダイヤモンド原石から生まれたセットジュエリー)といった壮麗なモデルがアトリエの歴史を彩ってきました。そして、メゾンは今回初めて、ショパール・オート・ジョワイアリーの成熟期を告げる決定的な歴史の1ページとして、希少性を持った数多くのジェムを同時に発表します。これはメゾンが高貴な素材に対し、洗練されたノウハウを巧みに駆使する事実を物語っています。




プレシャスストーンに情熱を抱き、母なる大地の素晴らしい恵を認めるキャロライン・ショイフレは、世界中で採掘されたジェムを収集しています。そのなかには、21.04カラットの非加熱サファイア、ピジョンブラッドカラーのペアシェイプ非加熱ルビー、最も大きなもので61.79カラットを超えるコロンビア産エメラルドのシリーズなど、四大プレシャスストーンのなかで最も希少性の高い逸品が含まれています。このコロンビア産エメラルドが、2つのエメラルド(31.16 / 39.80カラット)をあしらったイヤリングとのセットジュエリーであるダイヤモンドネックレスにアクセントを添えます。これらすべてのストーンは、そのサイズに対して極めて少ない数のインクルージョンを宿しています。

プレシャスストーンの頂点に立つダイヤモンドがこのコレクションに堂々と君臨し、4つのダイヤモンド(窒素やホウ素を含まず最高純度を示すタイプIIAのD-FlawlessとD-Internally Flawless)で作られたイヤリングがそれを物語っています。また極めて高い人気を誇るカラーダイヤモンドも組み合わされています。米国宝石学会(GIA)によると、自然界で発見された10,000のダイヤモンドのなかに、カラーダイヤモンドはたった1つと言われています。ハイクオリティのストーンを見つけることは長い道のりですが、キャロライン・ショイフレはこれを見事に指揮して、光の当たり具合や熱によって変色する特性から‘カメレオン’と呼ばれるダークグレー グリーニッシュイエローダイヤモンド、およびソリテールリングとイヤリングにセットされたファンシーイエロー&ファンシーピンクダイヤモンドを発表しています。このカラーダイヤモンドシリーズの中心に、エメラルドカットのファンシーヴィヴィッドイエローダイヤモンド(33.26カラット)がセットされていない状態で、近々そのジェムがあしらわれるダイヤモンドネックレスのデッサンと、4つのペアシェイプファンシーイエローダイヤモンド(7~18.6カラット)がセットされたイエローゴールド製イヤリングと共に披露されます。

また力強いブルー&グリーンの光沢を帯びたカボションカットのブラックオパール(26.44カラット)や、華麗なネックレスを輝かせるナチュラルターコイズカラーを纏うパライバトルマリン(34.63カラット)を始めとする、ファインストーンもそのクオリティと魅惑的なカラーによって採用されています。



自然の恵みを称えるために、ショパールのアトリエは端正なデザインを描くクリエーションに独自のノウハウを駆使して、それぞれのストーンに宿る固有の美を際立たせています。キャロライン・ショイフレは、ジュエラーの使命は、過剰な装飾や派手な装飾でもなく、ジェムの自然な輝きを生み出すことにあると考えています。これらのストーンのほとんどはソリテールリングにセットされますが、時にマイクロセッティングやサイドにもう2つのストーン、またロングイヤリングで控え目に引き立てられています。こうして永遠の時を刻むジェムのタイムレスな個性が存分に発揮されます。


マイナビウエディング プレミアムジュエリーでは、ショパールの魅力や名品、婚約指輪、結婚指輪などを公開中。メゾンの優れた創造性とハイジュエリー制作における技術から誕生する比類なき輝きを堪能できます。

ルビー アン セーヌ ブレスレット


ルビー アン セーヌ ブレスレット
ホワイトゴールド、ローズゴールド、プラチナ、
クッションカット ルビー72石(計84.74ct、ビルマ産)、ルビー、ダイヤモンド



ルビー アン セーヌ ブレスレットのクッションカット ルビー(ビルマ産)
 
 
 
立体構造と華やかなパヴェセッティングが施された「ジャルティエ ブレスレット」は女優マレーネ・ディートリッヒのお気に入りのジュエリーでした。「ルビー アン セーヌ ブレスレット」はヴァン クリーフ&アーペルがデザインしたこのジュエリーにオマージュを捧げる作品です。1937年に彼女が購入した存在感のあるジュエリーは、ルビーとダイヤモンドがセットされた複数の大きなループで構成されています。マレーネ・ディートリッヒはしばしばこのブレスレットを着用して写真に登場していましたが、アルフレッド・ヒッチコック監督の映画『舞台恐怖症』(1950年)でもその手首にはこのジュエリーが煌めいていました。



1951年のアカデミー賞授賞式でジャルティエ ブレスレットを着用したマレーネ・ディートリッヒ
© by permission of Marlene Dietrich Collection GmbH Munchen –
Deutsche Kinemathek Collection Berlin
 
 
 
今回、メゾンはこのアイコニックなクリエーションを大粒のビルマ産ルビー72石(計84.74ct)で彩り、再解釈しました。ヴァン クリーフ&アーペルの歴史においても、これだけの数の上質なルビーを集めることは、そう容易ではありませんでした。メゾンが誇る熟練の宝石鑑定士によって慎重に組み合わされたルビーが、改めてクッションシェイプにカットされています。ビルマ産のルビーの典型である鮮やかで深みのある印象的なカラーが、明るいレッドからパープルまでの色のハーモニーが輝きと溶け合うように目に移ります。2つの異なるサイズの楕円形のルビーが大胆に散りばめられることで互いを引き立てあい、まるで贅沢なベルベットのように手首を美しく彩ります。それを支えるのは、オープンワークが施されたホワイトゴールド。快適な着け心地とバランスに配慮して入念にデザインされた作品には、ラウンドカット、スクエアシェイプ、バゲットカットのダイヤモンドがセットされています。オリジナルの作品を際立たせるそのデザインへの憧憬が、新作のブレスレットの緻密な構造と豊かな貴石のセレクションに映し出され、色と輝きが奏上する見事な調和を生み出します。


左:ジュエリーの組立作業 右:ダイヤモンドのビーズセッティングの様子



取り外し可能なペンダント付きタンドレス エタンスロント イヤリング
ホワイトゴールド、ペアシェイプ ダイヤモンド1石(DFL タイプ2A、10.15ct)、
ペアシェイプ ダイヤモンド1石(DFL タイプ2A、10.06ct)、ダイヤモンド
 
 
今回メゾンは、特別な情感を喚起する個性ある貴石を集めたコレクション「ピエールド カラクテール」そして「自然」への思いを、タンドレス エタンスロント イヤリングによって表現しています。イヤリングの双方が、ペアシェイプ ダイヤモンドとその周りに広がる花冠で構成されています。繊細な葉脈が描かれた花びらをまるで生きているかのように少し湾曲させ、そこにレリーフ加工を施すことで、止まることのない生命に満ち溢れた「自然」を慈しむメゾンのビジョンが表現されています。このプレシャスなフラワーモチーフを引き立てているのが、取り外し可能なペアシェイプ ダイヤモンド 2石(DFL タイプ2A、計20.21ct)です。最も注目すべきは、それぞれ10カラットを超えるダイヤモンドが、同じ原石からカットされたということです。印象的なサイズとフローレスというクラリティとともに、いずれのダイヤモンドも調和の取れたカットと鮮明な煌めきが際立っています。


マイナビウエディング プレミアムジュエリーでは、ヴァン クリーフ&アーペルのロマンティックなブランドストーリーや名品、婚約指輪、結婚指輪を公開中です。ハイジュエラーならではの職人たちの技と、厳選された石の輝きが生み出すジュエリーの数々をお楽しみください。

ブルガリを纏い、ケイト・ハドソンが第78回ゴールデングローブ賞に登場


2月28日、アメリカ、ロサンゼルスにて開催された第78回ゴールデングローブ賞の授賞式が開催され、米国女優のケイト・ハドソンがブルガリ(BVLGARI)を纏い、登場しました。




音楽界のスターで、今年度のミュージカル/コメディ部門の主演女優賞にノミネートされたケイト・ハドソンが纏ったのは、ブルガリのアイコンである「セルペンティ(イタリア語で蛇の意)」でした。古代ギリシャ・ローマ時代より「英知」や「永遠」の象徴とされた蛇を模したダイヤモンドのイヤリングを1セットずつ両耳に纏い、ダイヤモンドスタッズピアスも組み合わせました。指先には約14カラットのクッションカットが施されたサファイアをあしらったリングと総ダイヤモンドのブレスレットがさらなる煌めきをもたらしました。
 
 
マイナビウエディングプレミアムジュエリーでは、大胆でタイムレスな輝きを放つイタリアンハイブランド「ブルガリ」のブランドストーリーや名品、婚約指輪・結婚指輪をご紹介しています。永遠のきらめきとブルガリの世界観を確かめて。

【関連記事】​​​​​​​: 流行の単一の製品ど最新の組み合わせ 

ギリシャ発祥のアクセサリーブランドです

フォリフォリは1982年に誕生した、ギリシャ発祥のアクセサリーブランドです。ピアスはもちろん、ネックレスや時計、ブレスレッドなど幅広く展開しています。同ブランドのピアスは、ピンクゴールドを基調としたフェミニンなデザインが魅力。花柄のワンピースやチュールスカートなど、女性らしいアイテムと好相性です。

フォリフォリ(Folli Follie) CARMA クロスフープピアス


アシンメトリーのクロスモチーフがおしゃれなフープピアス。同ブランドの人気シリーズ「カルマ」から発売されています。ギリシャと、イースタンカントリーの要素をミックスした、シックでクラシカルなデザインがポイントです。

いつものコーディネートに加えるだけで、スタイリッシュな装いへとアップデートできます。デイリー使いはもちろん、結婚式の2次会など華やかなシーンでも活躍するピアスです。

フォリフォリ(Folli Follie) PEARL MUSE パールピアス

パールが上品に輝くピアスです。クロムハーツ ネックレス 偽物シンプルで使い勝手がよく、さまざまなシーンで重宝します。年齢やシーズン、コーディネートに左右されないのも嬉しいポイントです。ピンクゴールドと、小ぶりなパールが好相性。あたたかみのある女性らしい印象に仕上げたいときにもおすすめです。

トレンドに左右されず、長く愛用できるピアスを探している方はぜひチェックしてみてください。

フォリフォリ(Folli Follie) PEARL FUSION パールピアス

ピンクゴールドをベースに、5つのパールが上品な輝きを放つピアス。ブルガリ ジュエリー 中古クラシックなデザインに、モダンなテイストを取り入れています。耳元で揺れるシルエットが女性らしく、顔まわりを華やかに演出します。

また、フェミニンながら、無駄を省いたシンプルなデザインで、クールな雰囲気も同時に叶えられるのが魅力。甘さを抑えているので、大人の女性でも抵抗なく取り入れられます。

デイリー使いはもちろん、会食などナイトシーンでも重宝するアイテムです。