記事一覧

オリンピックの体操女子選手が好きなジュエリー

皆さんはルビーと聞けばどのような宝石を思い浮かべますか?多くの方は、美しく深い赤色を持った透明な宝石を思い浮かべることでしょう。ルビーは宝石の中でも特に知名度の高い宝石で、もちろんトップクラスの人気を誇る宝石です。そんなルビーの中でもカボションカットを施したときに、宝石表面にまるで星のような模様が出るものをスタールビーと呼び、その美しい六条の光はカラーストーン好きの方には特に人気の高い宝石です。
しかし、近年では非常に作りが精巧でスターも綺麗に出ている偽物のスタールビーが市場に出回っているというお話をよく聞きます。そこで今回は偽物のスタールビーを見分けるためのポイントをご紹介したいと思います。

スタールビーってどんな宝石
20160518_1_0
まずはスタールビーについてご紹介します。スタールビーとは、その名前からもわかる通りルビーの一種です。ルビーをカボションカットを施したときに、宝石表面に六条の綺麗な輝きを放つ宝石をスタールビーと呼びます。スタールビーを見たことがない人は、まずコチラでどのような宝石か確認してみましょう。
通常ルビーは、深い赤色をしており、透明な宝石として人気ですが、スタールビーは通常では描く事ができない六条の綺麗な輝き放つことで、カラーストーンコレクターにも非常に人気の高い宝石です。このスタールビーの模様は、もちろんどのような宝石にでも入るというわけではなく、宝石中に含まれる針状のルチル結晶が特定の条件下でスターのような模様を表現する非常に珍しいものです。ちなみにルチル結晶などが含まれることがスタールビーになる要因ということですが、このような物はインクルージョンですので、普通のルビーとは違い透明度には欠けます。
しかし、スタールビーの六条の光が美しく出現するには『透明度が低い』ということはあまりデメリットにはなりえません。

スタールビーの真贋を見極めるには?


近年市場に出回っているスタールビーは非常に精巧に作られているため、一般の人が目で見て判断するということは非常に難しいものです。しかし、見分け方のポイントを押さえておくことで素人でもある程度分かるようになるものなので、ぜひ以下のポイントを頭に入れておきましょう。
偽物は六条のスターがハッキリしてるいる
もちろん偽物の物のほうがすべてはっきりしたスターというわけではありませんが、一般的に偽物のスタールビーは六条の光も人工的に作られているため、不自然なほどハッキリとスターが出現している場合が多く、ここが見極めポイントの一つです。ファインジュエリー チャーム本物のスタールビーの模様は、濃淡があり、自然にぼやけて見えるのです。本物はくっきりとスターは出ないが、偽物はいかにもスターといった具合にハッキリ六条の光が輝いていると覚えておきましょう。
ルース(裸石)の裏面を確認してみましょう
ルース(裸石)の状態のスタールビーであれば、まず裏面を確認してみましょう。偽物のスタールビーの場合、ほとんどが平らに処理されています。本物のスタールビーの場合は、そこまで平らに処理されることなどはなく、素人の方でもわかりやすい判別方法です。
持った時の感覚が違う
これは全てのカラーストーンに言えることですが、本物の宝石を手に取った時には、手に『ひんやり』とした冷たさを感じるものです。しかし、偽物の場合は、ガラスや合成石で作られているため、本物の鉱物のような冷たさは感じられません。これは、宝石に初めて触ったというような方であれば難しい宝石ですが、何度もカラーストーンに触っていれば素人の方でもつかめる感覚です。チャンスがあれば、多くのカラーストーンを感触を意識しながら触れるようにしてみましょう。
スタールビーの真贋の見極めポイントは上記のようなものです。スタールビーはカラーストーン好きの方には非常に人気の高い宝石ですので、真贋を見極めるポイントは是非覚えておきましょう。現在、本物のスタールビーを探しているという方であれば、リジューでは最高品質のスタールビーを豊富い取り揃えていますので、ぜひご覧ください!

【関連記事】:気品と華やかさで装いを輝かせる、徳力本店のジュエリー