Nike Wmns Dunk Low “Pink Oxford”が国内7月28日に発売予定

ナイキ 新作スニーカー ウィメンズ ダンク ロー “ピンクオックスフォード”が登場。[DD1503-601] 「Nike(ナイキ)」の新作スニーカー Wmns Dunk Low “Pink Oxford”(ウィメンズ ダンク ロー “ピンクオックスフォード”)が、国内2022年7月28日(木)より順次発売予定。 1985年に初めて発売されたナイキの人気モデル「ダンク(Dunk)」。本作ではアッパーをファントムカラーのレザー素材で構築し、オーバーレイとアウトソールにはピンクオックスフォードカラーを使用。ミッドソールはヴィンテージ風に黄ばませ、サイドのスウッシュロゴとヒールパッチの『NIKE』ロゴには淡いライトシッスルパープルのアクセントを落とし込んだ。 国内販売情報の追加など、新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。また、ナイキは今後複数の「ダンク」のリリースを予定している。

【海外7月発売予定】ニーナ・シャネル・アブニー × ナイキ エアジョーダン 2 レトロ ロー SE ホワイト/マラカイト-ニュートラル グレー-セイル

"ニーナー・シャネル・アブニー" 第2弾のローカットが登場! アメリカ・イリノイ州出身、ニューヨークを拠点に活動する現代アーティスト、"NINA CHANEL ABNEY(ニーナ・シャネル・アブニー)"。彩り鮮やかなタッチで人種、宗教、性別、政治など社会的なテーマを抽象的なタッチで描き出す。"NIKE(ナイキ)"との初コラボレーションとなる、"AIR JORDAN 2(エアジョーダン 2)"の存在が先日明かされたが、続いてローカットのAJ2がスタンバイした。 ハイカットと同様に、既存のAJ2のデザインを大幅にアレンジした続編となるニーナの手掛けたAJ2ロー。ホワイトをベースにアッパーはレイヤードを極限まで減らし、ニーナの抽象的な作風を1足のスニーカー上に表現した。トウはライトグレーのスウェード、ヒールパネルには鮮やかなグリーンで構成。"MICHAEL JORDAN(マイケル・ジョーダン)"がフェイドアウェイショットを放つ場面をニーナが描いたイラストを、額装したキーホルダーが付属する他、同じイラストを用いたスペシャルボックスがセットされるようだ。 ミニマルであり、力強いカラーリングで、往年の名作に新たな魅力を吹き込んだ。

ドクターマーチンのヴィンテージ8ホールブーツ“星空モチーフ”のアート作品に、表参道でアートイベント

ドクターマーチン(Dr. Martens)のコンセプトショップ「ドクターマーチン ショールーム TYO(Dr.Martens SHOWROOM TYO)」で、ペインターYOHTA MATSUOKA “JONJON GREEN”のアートイベントが開催される。期間は2022年6⽉6⽇(⽉)から7⽉11⽇(⽉)まで、入場料は無料だ。 ペインター松岡洋太(YOHTA MATSUOKA)のアートイベント ドクターマーチン世界初のコンセプトショップとしてオープンした、東京・表参道の「ドクターマーチン ショールーム TYO」にてアートエキシビションが開催される。 星空・流れ星モチーフのヴィンテージ「1460 8 ホールブーツ」 JONJON GREENの名で活躍するペインター松岡洋太(YOHTA MATSUOKA)を招き、新作を含む作品を特別に展示。目玉となるのは、ドクターマーチンのアイコン「1460 8 ホールブーツ」のヴィンテージモデルをキャンバスにした作品だ。レザー素材のアッパー部分などに、星空や流れ星を描き、世界にひとつのアートブーツを完成させている。 また会場では、リンゴのアートピースや、松岡洋太(YOHTA MATSUOKA)のラフスケッチ原画も紹介。ファン必見の新作も鑑賞でき、独創的な世界観を全⾝で体感することができる。